法律の細かい基準

病院の開業における法律

病院を開業での法律の基準と許可

病院を開業するにはチェックしておかなければならない法律があります。その法律は医療法です。精神科の場合にはそれに加えて精神保健福祉法もチェックしておかなければ行けません。これらの法にはかなり細かい基準が記載されています。その基準をクリアしない場合には病院を開業しようとしても、担当する保健所の許可がおりない場合があります。不安な場合には弁護士や司法書士などの法に詳しい専門家に確認しておく必要があります。確認せずに開院しようとするとやり直しを命じられる場合もあるので、事前によく確認しておく必要があります。

個人事業開業届の提出について

個人事業主として事業をはじめるのであれば、所得税法とよばれる法律にしたがい、税務署に対して個人事業開業届を提出しておく必要があります。この書類の提出期限は、開業という事実があった日から1か月以内ということになっています。具体的に、書類のなかにどのような事項を書く必要があるのかについては、法律にもとづく省令のなかに規定がありますが、提出者の氏名、住所やマイナンバー、事業を開始した日付、事業の概要、事務所等の所在地、その他の参考になる事項といったものが掲げられています。なお、提出した書類の控えが必要な場合には、原本とコピーをあわせて税務署に提出することで、コピーのほうに受付印を押して返戻してもらうことができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 開業手続きは法律事務所と All rights reserved