法律や許可の確認を

飲食店開業で注意する法律

飲食店の開業にあたっての法律

飲食店を開業するにあたってはほかの業種とは異なり、ただ店舗を用意しただけではすぐには開業をすることはできません。営業が認められるには営業に関するさまざまな法律を押さえておいてその基準を満たさなくてはなりません。万が一、法律によって定められている飲食店としての基準が満たされていない場合には最悪の場合、営業の停止処分を受けることもあるので注意が必要です。特に飲食物を提供する形態の店舗の場合、食品衛生法に基づいて店舗を所轄する保健所において営業の許可を取る必要があります。また、店舗の設備に関しては各地域によって条例が異なっており、各地域の施設基準に合わせた店舗設計をすることが求められます。

法律資格は開業ができる物が多い

法律資格の中には、それを取ることでその資格を名乗って開業できるものが多いです。そのため、資格の中では取る価値がある物が多いといえます。独占業務となっている場合には、それなりの需要もあるため、安定した収益を得ていくことも可能です。例えば、弁護士や司法書士は、その名称で活動することができますし、法律関係の仕事の依頼は、個人や企業から多くの需要があるため、食い倒れることはないといえます。また、定年がないというのも開業することの魅力です。自営業なので、一生涯働き続けることができます。収入も比較的大きいのが魅力です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 開業手続きは法律事務所と All rights reserved