廃車すると納めた税金が還付されます

故障して動かなくなったり、転居にて車を放置していても登録抹消しない限り車に税金がかかり続けます。乗っていない車に税金を払い続けるのはもったいないものです。手放そうとしている車の自動車税をストップさせるには廃車手続きが必要ですが、この手続きは経験の少ない一般人にはなかなか難しいものです。必要な書類を一式揃えて運輸支局か軽自動車検査協会に平日の日中帯に出向いて手続きしなければならず、仕事を持っている人には大きな負担となります。不要になった車の買取をする専門業者があるので、そこに依頼すれば車の引取りから登録抹消手続きなど一切を引き受けてくれて便利です。

廃車した時の還付金とは

自動車税は持っている車にかかってくる税金ですので、登録抹消時点で自動的に税の請求が止まり、翌年から税金は発生しません。しかし車の税金はその年度分を前払いする制度です。一旦は1年分支払いを済ませた後、廃車した翌月からその年度の3月分までの過払い金が月割りで返金される還付金制度があります。この制度を利用して不要になった車を早く抹消手続きをすれば余計な出費が抑えられます。
ただし廃車の時期によって税の支払いや還付が変わって来るので要注意です。4月に廃車した場合には5月に送られて来る納付書の税額を確認し、それが1ヶ月分の税額ならそのまま1ヶ月分を支払って終了です。当然還付金はありません。
5月の納付書に1年分の税額が記載されていれば、その金額を一旦支払えば後に支払い通知書が届いて11か月分の還付金を受け取ることができます。1年分を支払うのがどうしても嫌な時は都道府県税事務所に1ヶ月分の納付書に差し替えるよう依頼します。ほとんどの場合要望通りの1ヶ月分の納付書が送り直されて来ます。

自動車税と廃車のタイミング

納付書が届いたが、自動車税を未納のままで廃車した場合、そのまま全額支払って還付金を待つか、税事務所に今期分が未納であることと、抹消登録した時期を連絡し、その期間に応じた新しい納付書を発行してもらえるよう依頼します。登録抹消月までの税額が記載された新しい納付書が送られて来るのでそのまま支払います。
自動車税を支払ってから後に廃車した場合には登録抹消翌月からの月割りの還付金が返って来ます。やはり自動車税を払わずに手続きだけ進行するのは良くないことなので廃車することになっていても、一旦税金の全額をきっちり支払ってから還付金請求して受け取るようにしましょう。